" /> -->

シナモンで風邪予防♪

寒さが続きます。日中でも氷点下です。


子供が学校からもらってきたお便りにも、風邪の流行やら、インフルエンザの兆しと言った内容が出てきて、予防に努めています。
三度の食事にネギ、ニンニク、生姜を使い、黒豆の煮汁や大根はちみつも準備し、何とかこの時期を乗り切ろうとしています。

もちろんおやつも、美味しくて、風邪予防になれば…と、シナモンや生姜を使ったりしています。


シナモンは漢方の葛根湯などにも配合されていますが、駆風、発汗、解熱などに使用されるスパイスです。我が家ではスティックのものをパウダーにして使っています。出産後、乳腺炎になって肩凝りがひどかった時、葛根湯を知り、その後、予防の段階では頻繁にシナモンを使うようになりました。(でも子宮刺激作用があるので、妊娠中は使用量に注意する必要があるそうです。)

コーヒーが飲みたい時なども、身体を冷やさない様、シナモンを入れたりしています。

薪ストーブで作った煮りんごにシナモンを振り掛け、アップルパイを作り、飲み物は、「ガラムチャイ」♪

薪ストーブと暖かいおやつで、心と身体を暖め、極寒の地でがんばりまーす☆

パイ.jpg

ガラムチャイの作り方
" /> -->

美味しいおやつの時間

巷では新型インフルエンザが流行っています。
毎日のように学校から届くお便りを見て、我が家も手洗い、うがい、
マスク、人ごみに出かけない…、を守って、大人しく山ごもりしています。

でも、元気な子供たちの帰宅後第一声は
「今日のおやつ、な〜に〜?」

家に常備しているものフル活用でお菓子作りの日々です。

我が家の子供たちが大好きなおやつの一つ、
「げんこつ」♪


高山はさすが古都なので、げんこつ=きな粉飴 も普通に売っています。
でも家にある、麦芽飴ときな粉で簡単に作れるんです♪

麦芽飴でなくても水飴でも、蜂蜜でも良いし、粉に抹茶を混ぜたり、
はったい粉を混ぜたり、お好きなように出来ます。

麦芽飴を加熱する時にし過ぎないように気をつけるのと、
粉より飴の料を少し多めにするのさえ押さえとけば、
ほとんど目分量で出来しまいます!
ヘラで混ぜて、棒状にして、切るだけ♪

あっという間に美味しいおやつの出来上がりです♪


IMG_000109.jpg

" /> -->

郷土料理みょうがぼち♪

もの凄い雷雨になったり、急に暑くなったり、
ここの所天気が変わり易いですね。

でも雨は作物にとって、とても有り難いです。
ニンジンや、大根の芽が出てきました!
でも山鳩が新芽を美味しそうに食べて行ってしまいます…。

ミョウガの葉も大きく育ちました!
「みょうがぼち」決行です♪

IMG_0038.JPG

蒸す前は鮮やかな緑の葉で、蒸すと皮がふっくら膨らみ、
ミョウガの葉も程よくしんなりしています。

蒸している間は部屋中にミョウガの良い香りがしていました♪

IMG_0039.JPG

これだけ作ったのに、写真を撮った後、ほとんど
子供の胃袋の中に消えてゆきました。

素朴な昔の和菓子です。
" /> -->

花見の季節

G.W.になり、やっと庭の桜が見頃になりました。
山桜は、まだ蕾も膨らんでいませんが、
八重桜と桃が花見にぴったりな状態です。

せっかくの桜。
可愛らしい姿を留めておきたくて、
娘が桜で淡雪かんを作りました。

上のピンクの部分の寒天液が少し足りなかったので
花が飛び出ていますがそれもご愛嬌♪

可愛い桜の三層淡雪かんが出来ました♪

砂糖だけだと甘ったるい感じがしたので、
砂糖の分量と水の分量を減らし、
その分を梅酒で作ってみました。

甘さ控えめの、優しい口溶けの和菓子です。

花もレシピでは塩漬け桜花でしたが生花で♪
山里に春の訪れを感じます。

IMGA012409.jpg

レシピの分量

寒天 棒寒天なら8グラム
   粉寒天なら4グラム
水  400cc
砂糖 60〜100グラム
卵白 2個分
桜の花 適量
好みの洋酒 適宜
 
" /> -->

デトックス☆自家製茶!

春分の日です。
昨日はお彼岸だから…と、子供とぼたもちを作りました。
飛騨ではここでも、あぶらえ(えごま)を和えた物が登場します♪
美味しいし、良い油で健康になれそうです♪

そして我が家で冬の間、飲み続け、春に向かって解毒効果、
アレルギー抑制効果の期待される
「自家製茶」
が毎日薪ストーブの上で香ばしい香りを漂わせています。

今日のお茶は、右上から時計回りに

tea09.jpg

紫蘇の葉
大棗(なつめ)
ゲンノショウコ
ローズヒップ
陳皮
ハトムギ
ドクダミの葉

のブレンドです。

夏から冬にかけて、家の畑で採取したり、
加工したり、干したり…
手間ひまかけて作った、可愛いお茶のもとたちです。

熱々の甘ーいこのお茶を飲むと、ホッとします♪

さぁ、花粉の時期に向けて、体調を整えなくちゃね☆


" /> -->

大好きだよ♪

この冬はそんなに寒さが厳しくなかったのに、寒暖の差が
激しかったからか、家族がよく体調を崩しました…。(私も)

予防の段階では、食べ物の陰陽に気をつけ、食箋を取り入れます。
渋めのメニューでは
大根のど飴や、黒豆の煮汁、椎茸スープ、梅しょう番茶…、
子供が喜ぶものでは目先を変えて、
みかんを搾ってゼリーを作ったり、甘酒、プリンなど
喉越しの良い物もよく作りました。

あまり高熱が続くと、おかゆや雑炊、りんごのすりおろしの連続で
子供にとっては魅惑的ではなかったよう。

そこで、特別に、プリンに生クリームをデコレート♪
無農薬のりんごも頂いたので、おめかしして飾りました。

プリンの周りだけ飾るつもりが、
「もっと飾って〜!」
の声で、生クリームでプリンが埋もれてしまいました。

でも、子供たちが笑顔で
「おいしい!!」
と言って,食べてくれると嬉しいし
風邪が治ってきて、元気になり兄弟ゲンカとかしだすと、
「病気が治ってありがたいな♪」という気持ちになります。
(いつもなら仲良くしなさい!!って思うんですけど)

愛してる、
ありがとう、
大好きだよ、

大切な家族にこそ、優しい気持ちを込めて、
日々の生活を過ごして行きたいです。

プリン09.jpg
" /> -->

晩白柚ピール

土・日と大雪で、我が家の車は雪に埋没していました。
月曜からはうってかわって、雨三昧☆
本当に変な天気です…。

先日、「晩白柚(ばんぺいゆ)」という、大きな文旦を頂きました!

IMG_0001_209.jpg
写真の蜜柑と比べると大きいですね〜♪

無農薬と言うことで、大量の文旦ピールが出来上がり♪
柑橘系の無農薬は、皮も使えるので本当に嬉しいです♡

薪ストーブの上で煮ている間は良い香りで癒され、

薪ストーブの下で乾かしている間は、子供たちがつまみ食い、

そして美味しいお菓子に使え、一石三鳥です!

" /> -->

さすが師走!

この前、12月になったと思ったのに、あっという間に
大晦日になってしまいました…。

昨日最後の買い出しに出かけていたので、ほとんどの
おせち料理は今日1日で作ることになりました。

それでも子供たちがよく手伝ってくれたので
ほんと、大助かり♪

手始めに、筑前煮の人参の型抜き、こんにゃくをちぎったり、
レンコンを切ったり。去年より、包丁の扱いも安心して
任せられます。

昆布巻きのかんぴょうを巻いたり、サツマイモの茶巾絞りを
作ったり。もちろんつまみ食いもOK!

こうやって、楽しみながら伝統食の作り方を伝えて行けたら
良いなと思います。

さぁ、あとちょっとがんばろう♪
みなさんも良いお年を♪

08大晦日08.jpg
" /> -->

辛い誘惑♪

我が家に欠かせない、スパイスの一つ「唐辛子」収穫しました!
赤唐辛子は色も鮮やかで、とっても奇麗です♪

青唐辛子は生ですり潰し、タバスコを作ることが多いのですが
赤唐辛子は、まずそのまま部屋に吊るし乾かします。

乾燥させて、粉にすると、用途も広いし、保存期間も長くなります。
そのまま飾って、インテリアとしても可愛いのですが、
冬野菜の漬け物に入れたり、キムチ作りに使ったりします。

辛いもの大好きな主人は、来年はもっと唐辛子を植える予定です♪

唐辛子08.jpg

ダイエットは青唐辛子のカプサイシンで!?
" /> -->

秋の味覚♪栗の渋皮煮

先週末から、子供たちは晴れ間を見つけては、近所に栗拾いに行きます。
ここでは栗も猿との早いもの勝ちなので、なかなかたくさんは採れません。
さらに!山栗なので小さくて、皮を剥くのも大変〜☆

大きな栗一個分になるまで、何個剥くやら…という感じですが、昨夜は夜なべで、せっせと鬼皮剥きをしました。
そして朝から、茹でて、筋取りして…と、渋皮煮完成させました!

子供たちが学校から帰ってきて、今日のおやつは栗の渋皮煮♪

自分で採ってきて、おやつが出来上がる。
こうした山暮らしならではの幸せや、家族の愛情を感じさせていってあげたいです♪

栗08.jpg

美味しい栗の渋皮煮
" /> -->

手前味噌の天地返し

ここ数日、暑いです!

庭や畑の草は、抜いても抜いても生え、下手をすると野菜の苗と同じくらいの大きさに成長してしまいます。野生のパワー!ですね☆

私の手鎌では追いつかないので、主人が草刈り機で一気に家周辺を刈ってくれました。

庭仕事も忙しいけど、この時期忘れてはならないのが、「味噌の天地返し」

始めに作り方を習った時に
「暑くなりだした時期、熟成加減をチェックするついでに味噌天地返ししてな」
と言われました。

半年目位が時期の目安だそうですが、カメの中の味噌を上下入れ替えします。
詰め直すときに又、カメの内側をアルコールで拭いたり、少し手間ですが、この一手間で、この後カビの発生も少ないし、全体にまろやかな熟成に仕上がります。

写真の白っぽいのがこの冬に仕込んだ味噌。

08misonew.jpg

茶色っぽいのは2年前に仕込んだ味噌。

08misoold.jpg

年が経つにつれ、塩味がまるくなり、うまみが増して行きます。

暑い夏も美味しい自家製味噌の味噌汁と、発芽玄米ご飯、自家製野菜の糠漬けと、良い発酵食品のオンパレードで、デトックス効果を発揮して、元気百倍!ですよ♪

無敵の健康食品「手前味噌」☆2008年02月17日

寒仕込みの自家製味噌♪2008年02月12日
" /> -->

ウド三昧♪

近所のおじいちゃんの家の庭には、ウド栽培所があります。
もともと野生の山ウドが生えていたらしいのですが、立派なウドを作るため、トタンで囲い、籾殻が入れられています。
今年も分けて頂けると言うことで、採りに伺いました。

「籾殻の中、マムシおるかもしれんで、じいちゃんが採ってやるさ!」
と、にっこり笑うおじいちゃん!マムシ!ですか!!
暖かいから、よく中に入っているそう…。
そういえば、昨年は、たくさんのカブトムシの幼虫がいたという話でした。
そして、それを狙って、イノシシがやってくるそうです☆
凄い連鎖です!

頂いた、立派なウドは捨てるところなく、ウド三昧させて頂きました。
穂先は天ぷら、茎の皮は厚めに引いてきんぴらに。
茎の白い部分は、さっぱり甘酢漬け。
それ以外にも、太い茎の部分は、お肉と一緒に炒めたり、薄切り肉で巻いたりしても、立派なおかずになります♪

炒めるときは生で利用できますが、アクが強いのでごぼうなどと同じく、酢水にさらしてから使うといいですよ。

うど08.jpg
" /> -->

エゴマ(あぶらえ)の力☆

春は様々な野菜のおひたしが美味しい季節です♪
炒りごまや、美味しい鰹節でさっと和えるのも大好きです。
そして、飛騨ならではの食材、「あぶらえ」です!

この「あぶらえ」、「エゴマ」と言って、凄く小さなつぶつぶです。
夏には、シソと似た風貌で、韓国などでは焼き肉のとき、この葉で肉を巻くので知っている人も多くなったかもしれません。秋の晴れた日になると、エゴマを作っている家の前では、おばあちゃんたちが、エゴマの実の乾燥させたのを、ふるいにかけてる姿をよく見ます。
沢山採るには、ものすごく大変な農作業を伴います。

その貴重な、ごまより小さい粒に、「α-リノレン酸」が含まれ、生活習慣病や、アレルギーの改善にパワーを発揮します!
シソ油として売られてるものにも、エゴマが主成分のもの、多いですよ。

このあぶらえ、食べる直前に、軽く炒ってすり、おひたしにかけ、美味しいお醤油で和えると、体に優しい一品が即、出来ちゃいます♪
毎日でも食べたくなる美味しさです♪

えごまおりな.jpg
" /> -->

春の便り

明日は暦で清明というのに、我が家の周りの風景は、真冬状態です。
昨日、おとついと、発達した爆弾低気圧のために、一気に冬に逆戻り!
4月になったのに、不思議な天気です。

景色は冬ですが、食卓には、ちょこちょこ春が感じられるようになりました。
今日のメインは、「さわら」♪

子供たちと、クイズから始まります。
「さわらは、漢字で書くと、魚偏に何と書くでしょうか?」

そう、魚偏に春と書くのです♪
春だねぇ、と思いっきりこじつけ!

丸ごと一尾だったので、身の部分は、竜田揚げに。
付け合わせに、そのまま食べても甘い息吹農法のタマネギのスライスを準備。

アラの部分はたっぷりのタマネギとジャガイモとニンニクで、石狩風煮込み。

まだまだ、桜の春には遠いけど、気分だけでも、春を楽しんでいます。

さわら.jpg
" /> -->

春満開の桜パン♪

光の春の季節ですね♪

日に日に、暖かさで雪が解け、あちこちに、新芽が芽吹きかけています。
飛騨の山奥では、桜の季節は、4月末から5月にかけて。
まだまだ先のことなので、少しだけでも春が感じたくて、
去年作った桜の塩漬けで、桜あんパン作りました!

生地もうっすらピンク色♪

あ〜、春だぁ♪ってしみじみしてしまいます。

長ーい冬も、もう終わり!
庭のフキノトウも、もうすぐ顔を出します。
山野草の写真もどんどん載せて行きますね☆

桜パン.jpg
" /> -->

飛騨と言えば「にたくもじ」♪

 春の暖かさです♪
 ニュースで「冬将軍は去っていきました!」と聞いたとき、家族全員「ばんざーい!!」と叫んでしまいました☆
 
 冬は冬で楽しいし、好きですが、やっぱり春には憧れますね♪
 日々、太陽の暖かさが増し、春はそこまで来ています!

 最近、ご近所の方からよく頂くのが、春の暖かさで、解凍されてきた漬け物。

「凍みとったで、にたくもじにしてな!」

 初めの頃は「にたくもじ??」状態の私に、作って下さった方もいらっしゃいました。

 そう、飛騨高山名物の漬け物ステーキです。

 各家で、色々レシピがあるようですが、もともとは、酸っぱくなった漬け物を捨てるのはもったいないから、煮たり、焼いたりして味付けした物なのだそうです。酸っぱくなった物の方が、発酵してて美味しいですよ♪

 野菜も沢山食べられる、食べ物を大切に思う一品です!


にたくもじのレシピ
" /> -->

凍み豆腐の復活☆

この冬は2月に入ってから、雪が多いです。
−20度をこえる日も何回かありました。

そんな時、朝から一日出かけて薪ストーブに火を入れてないと、
冷蔵庫の中の物が冷凍になってしまっていることがあります…。

この前は、お豆腐2丁、凍み(しみ)豆腐になってました…。よくあることなのですが…。

こんな時は、自家製高野豆腐と思って、ご飯が進むおかずに復活させます!

すごく簡単な、野菜もたっぷり入った、お豆腐そぼろ。
生姜も入れるので、体も温まり、常備菜にもなりますよ♪

お豆腐そぼろのレシピ
" /> -->

無敵の健康食品「手前味噌」☆

 味噌のタイプも色々あります。
 主人の実家は豆味噌でしたが、私の実家は米味噌で、甘めでした。
 今、我が家が作っているのは、どちらかと言うと、「信州味噌」と呼ばれる、山吹色のさっぱりとした甘味も辛味もある味噌です。
 でも料理によって、八丁味噌を使ったりもします。

 味噌作りって、大変そうに見えますが、手間はすっごく簡単です。
 大豆を洗って水に漬け、柔らかくなるまで煮て潰し、あとは美味しい麹と、美味しい塩と、混ぜて、かめに仕込むだけ♪

 あとは、ゆーっくり、熟成するのを待つだけ!

 同じ材料、同じやり方で作っても、その時の気候や環境で、その時の味噌の味になります。天然酵母のパンと似てますね。
 又、甘口で食べたい時は、麹の割合を高くしたり、熟成が浅い時に使うと良いです。熟成が長いと、色も濃くなり辛味も出てきます。



 天然の健康食品、味噌。
 ぜひ、手作りしてみて下さい。
 楽しくって、美味しい。その上健康になれる♪
 一石三鳥の気分になれます!!

我が家の味噌 レシピ
" /> -->

はっさくのマーマレード♪ 

 今の時期、暖かい地方では、柑橘系の果物が採れる時期ですね。
 残念ながら、ここ飛騨は寒すぎるので、庭に柑橘系の樹は植えていません。果物の無農薬ものはなかなか手に入らないので、何とかならないかな…と、思案中です。
  
 ただ有り難い事に、主人の実家にはみかんの樹、私の実家には、はっさくの樹があり、もちろん、無農薬、ノーワックス!

マーマレード作りに最適です!!

 我が家では、すぐ食べ切ってしまう時と、長期保存をする時とで、砂糖の分量を変えます。すぐ食べる時は、マーマレードにしては、少量の砂糖だと思います。
 
 パンやヨーグルトに、ケーキを作る時に入れたり、大人の味のマーマレードのレシピです♪

マーマレード.jpg
はっさくのマーマレードレシピ
" /> -->

お手製大豆クリーム

 今日も子供を学校に送り出した後は雪掻き!
 
 晴れていると空は真っ青で、木々の緑と、雪の白さで、凄く綺麗です。
 雪もパウダースノーなので、さーっと雪掻きできます。でも道路まで距離があるので、せっせとがんばる必要があります。

 最初は寒かった身体も30分もすると暑いくらいで、ちょうど良い運動です!
これでダイエット効果があればもっと良いのですが…。

 先日紹介した、大豆の煎り豆。すっごくお勧めの食べ方があります♪
 いたって簡単なのですが、煎り豆をミルなどで粉状にします。つまり「きな粉」です。そしてそれを、はちみつと混ぜると、あっという間に、パンにぴったりの大豆クリーム☆ピーナッツバターみたいな味ですよ!
 
 きな粉の栄養成分は大豆とほぼ同じで、香り良く、消化も良いです。
 鉄を含んでいるので、女性の味方の食品ですね。
 その他の大豆成分で有名な、イソフラボンやレシチン、食物繊維なども摂取出来るので、老化防止や美肌効果もあり、さらに動脈硬化を防いでくれるそうです。

 大豆クリームなら、パンにもぴったりです。
 煎り豆から作るのが面倒な時は、きな粉とはちみつ混ぜるだけで良いですよ。
 お手製パンペースト、即出来上がり♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。